弁護士基準交通事故慰謝料

弁護士基準の交通事故慰謝料は高くなる傾向があります。これは、それぞれの立場によって慰謝料の計算の基準が大きく変わっているからに他なりません。保険会社が慰謝料の計算を行うときには、自賠責保険基準や民間の保険会社の基準によって計算を行います。

これらの計算基準は、保険会社にとって最もダメージが小さい金額に設定されていますので、被害者にとって低い相場となりがちです。一方で、弁護士基準は過去の判例を参考に計算を行っていきますので、最大限の慰謝料が請求できます。大きいと平均的な相場の2倍から4倍近くは請求できるのでこの基準が最も被害者にとって有効です。

交通事故慰謝料は弁護士基準で受け取りましょう

交通事故の被害者になると、相手方から慰謝料を受けることができます。交通事故慰謝料は、精神的苦痛に対する金銭による償いですので、明確にいくらと算出するのは難しい面があります。実は、慰謝料の算定の際用いられる基準には3種類あり、どれを用いるかで金額が大きく異なってきます。

その3つの基準は、自賠責保険基準、任意保険基準、そして弁護士基準です。自賠責基準は3つの中でも最も低い額になります。弁護士基準は裁判所基準とも呼ばれ、3つの基準の中では最も高い水準です。提示された慰謝料の額に納得がいかない場合は、交通事故問題に強い弁護士に相談しましょう。慰謝料が増額される可能性が高くなります。

法律相談で弁護士基準の交通事故慰謝料を交渉してもらう

交通事故の被害者は、精神的に被った苦痛に対する慰謝料を相手に請求できます。慰謝料には、精神的苦痛という性質から個人差という問題があります。そのため、交通事故による格差を減らすために交通事故慰謝料には算定の基準があります。

この基準は自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と3つあり、使う基準次第で慰謝料額は変わってしまいます。3つの基準の中で、慰謝料が最も高額に算定されるのは弁護士基準です。慰謝料額は相手の保険会社との示談交渉で決定しますが、安い自賠責基準で金額提示されることがありますから要注意です。交通事故専門の弁護士に相談することで、一番高額の基準を使って慰謝料の交渉をしてもらえます。

示談交渉の前に知っておくべき交通事故慰謝料の弁護士基準

交通事故にあってしまった後は、治療を続けたにもかかわらず、完治させることができず、肉体や精神に障害が残ってしまうこともありえます。そうした場合、治療費用や入院雑費、また仕事ができず休業した損害、入通院にかかわる精神的な慰謝料、後遺障害に対する慰謝料などを合わせた交通事故慰謝料を払ってもらうよう、交渉することになります。

一般的に保険会社と被害者本人の交渉では、慰謝料が低いものです。しかし弁護士に介入してもらい交渉すると、弁護士基準という自分で交渉するより高い相場の慰謝料を得ることが出来ることがあります。示談交渉の前には弁護士に相談してみるほうが良いでしょう。

交通事故慰謝料で損をしないためにも弁護士基準の活用を

交通事故の被害にあった時に、加害者に請求できるのが交通事故慰謝料ですが、同じ被害の大きさでも判定基準によって受け取る金額に差が出てきます。自賠責保険基準は自動車を運転する人全員が強制的に加入する保険で保険金支払い時の最低限基準となります。

任意保険基準は自賠責保険でまかなえない損害を任意で加入した保険でカバーできます。これら2種類は保険会社がメインとなった独自判断で保険金交渉が行われるので慰謝料は最低限に抑えられてしまいがちです。3つ目の弁護士基準では弁護士に依頼して交渉を行ってもらい、専門知識と適正な判断によって他の2つの基準より高額な慰謝料を受け取ることができるのです。