交通事故慰謝料の弁護士基準は裁判を基にした基準

交通事故慰謝料は、交通事故の被害に遭った人に対して加害者が支払う、精神的苦痛に対して支払うお金です。これは、当事者双方の話し合いで示談として、損害賠償金と合わせて支払われることが多いです。

この交渉がうまくいかない場合には裁判で請求をして、その請求が認容されれば債務名義となるため、それを基に相手方に強制執行をすることが可能となります。この裁判の基準が弁護士基準と一般的に言われることがあります。示談交渉で弁護士に依頼すれば、その段階でこの基準で交渉をしてくれるので、被害者側が不利にならない示談をまとめてもらえます。

交通事故慰謝料で弁護士基準が適用されると増額される金額

交通事故慰謝料で弁護士基準が適用されると、自賠責基準や任意保険基準で算定した慰謝料の金額よりも高額な慰謝料がもらえます。いくら増額されるのかという問題はケースバイケースなので一概には言えませんが、治療に期間がかかった場合や、後遺障害の認定がされた場合には大きく上がることがあります。

100万円から300万円まで損害賠償の金額を増額できたというケースもあるので、慰謝料の金額に少しでも納得がいかなかったら弁護士に相談をしましょう。個人で交渉をした場合、弁護士基準で算定された慰謝料で和解ができるケースはあまりありません。

交通事故慰謝料の弁護士基準は裁判の基準と同じ

交通事故慰謝料の弁護士基準は、裁判で請求する場合の基準と同じです。裁判では、相手に対して請求できる相場がやはりある程度は存在していますが、それが弁護士基準となります。請求の当否を判断するのは裁判所ですから、その過去の判断を参考にするのは大いに意味があります。

相手と示談交渉をする時も、裁判で示されている基準だ、と言われれば、相手も応じざるを得ないでしょう。仮に争っても責任があるのが明白であれベア負けてしまうため、無駄に争う方がマイナスだからです。素人ではこの基準はわからないので、弁護士に交渉や請求は依頼したほうが良いです。

裁判の判例を参考にする弁護士基準の交通事故慰謝料

交通事故の被害者になってしまうと、身体面でのケガや物損、収入の損失などに加えて精神的にも大きなダメージがあります。被害者は、この精神的に被った苦痛に対する賠償金として慰謝料を相手に請求できます。慰謝料には、他の賠償金にはない難しい点があります。

それは、精神的なダメージという特質上個人差が大きいところです。そのため、同じような事故なのに慰謝料の額が大幅に異なるという不公平を失くすために交通事故慰謝料には計算のための基準があります。しかしこの基準はひとつではなく、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と3つあります。慰謝料額が最も高額に算定されるのは、裁判の判例を参考にしている弁護士基準です。

むちうちは交通事故慰謝料をもらえるのか

むちうちは交通事故慰謝料をもらうことが可能です。しかしながら、慰謝料の金額は裁判所と同等である弁護士基準と、相手側の保険会社が提示する任意保険基準、最低限の基準である自賠責保険基準があります。

このような基準を元に計算されますので、この計算によって受け取る慰謝料は大きく異なってくるでしょう。被害を受けた方が正当な金額を受け取るために、交通事故弁護士が交渉にあたってくれます。交通事故弁護士に依頼したい場合においては、インターネットでのリサーチや都道府県に設置されている機関の紹介を受けることも可能でしょう。