交通事故慰謝料を請求するなら弁護士基準

交通事故を起こした際に、保険会社から妥当な金額の慰謝料が貰えると思っている方も多いのではないですか。しかし実際には、妥当な金額どころかより低い額の慰謝料で示談交渉をしてきます。さらにこちらが弁護士基準などを訴えても簡単には交渉には応じてくれません。

しっかりと弁護士基準の交通事故慰謝料を得るには、弁護士に依頼することが何よりも良いことです。慰謝料請求にわざわざ弁護士を立てるなんてもったいないと思っている方に、無料で相談もできる弁護士もいて着手金のかからないものを選べば、費用は成功報酬だけなので、依頼する価値はあります。

交通事故慰謝料の弁護士基準 とは

交通事故慰謝料の計算法には、3つの基準があります。自賠責基準、任意保険の基準、弁護士裁判基準です。同じような交通事故でも、判断基準をどれにするかによって、交通事故慰謝料の額は大きく変動してしまいます。中でも、慰謝料が最も低いのが自賠責基準です。

そして、最も高いのが弁護士基準なのです。中間は被害者が弁護士をつけずに自分で、任意保険会社と交渉する場合です。自賠責基準に次いで2番目に高い金額になります。一番高くなるのは、弁護士が交通事故の交渉を行う上で必要とする弁護士基準であり、示談にする場合、裁判で最終的に結果を出す場合にも使われ、裁判所基準とも呼びます。

交通事故慰謝料の弁護士基準に関して

交通事故慰謝料の弁護士基準に関しては、最近になってよう知られるようになってきました。以前までは交通事故の慰謝料に基準がある事は知られていませんでしたので、多くの人が交渉もせずにそのまま慰謝料を受け取っていた可能性が高いと言えるでしょう。最近になって交渉や基準などが知られはじめ、交通事故にあってしまった際に相談する人が増加傾向にあるそうです。

相談や症状などはさまざまでありますが、適した慰謝料を受け取る事は非常に大切で、基準によっては倍異なる事例もあったそうです。心配なことがあるようであれば、相談してもいいでしょう。

弁護士基準についての交通事故慰謝料

交通事故に関しては、専門的な知識や交渉力がより強く求められるものでありますので、交通事故の交渉を経験したことのない弁護士が取り扱うのは、むずかしいでしょう。しかしながら、交通事故を得意としている弁護士に依頼することで、交通事故慰謝料を倍以上に受け取れた事例も数多くあります。

そのような事例については、交通事故慰謝料が一番高い基準である弁護士基準で、支払われたことがあげられるでしょう。交渉一つで慰謝料の金額や、後遺障害の認定などが変わりますので、弁護士に依頼し代わりに交渉してもらうことが一番いいでしょう。

交通事故慰謝料を弁護士基準として計算すると増額する

交通事故で怪我をしたり死亡事故となった場合、損害賠償の一種として慰謝料が支払われます。保険会社の提示金は妥当な金額ではないこともあります。万が一不満や不安がある場合には、交通事故慰謝料を得意とする弁護士に相談するのが最適といえます。相談された方の中には、提示金の倍以上増額していることもあり、弁護士基準で計算すれば治療費や入院費なども請求できます。

また、保険会社と弁護士がそれぞれの基準で、計算すると差が生じるのは、被害者が受けた精神的苦痛を含めているかいないかによります。保険会社では、担当外のことなので提示金が低くなってしまいます。