交通事故慰謝料の過失割合で損をしないために

交通事故の被害者になってしまうと、けがをしたり仕事を休まなければならないなどい直接的な損害を被ってしまいますが、精神的にも大きなダメージを受けます。この、精神面の苦痛に対する損害賠償金が交通事故慰謝料です。
慰謝料をはじめとして、交通事故の損害賠償では事故の時の過失割合が重要なポイントです。過失割合というのは、その交通事故の当事者のどちらにどの程度の過失つまり落ち度があったかを割合で示すものです。そして、過失相殺といって実際に受けた損害から自分の過失分は差し引いて相手に損害賠償請求する仕組みです。弁護士の先生に早めに相談しておくと、示談交渉でのこの過失分の決定について有利なアドバイスがもらえ、損害賠償金額で損をしないですみます。