交通事故相談を進め慰謝料を請求し、被害の回復を。

交通事故相談は、被害者なら誰でも進められる事です。
しばしば重大な被害や後遺障害が残る程の大事故でしか慰謝料請求が無理だ、と最初から相談を諦める方がいますが、それは大変もったいない事になります。
たとえ軽度の交通事故とは言え、ダメージをマイカーまたは体に負った場合は慰謝料を請求した方がお得です。
また正しくはお得というよりも、受けた損害を回復するために必須な正当な手続きですので、
気負いする事なく、また罪悪感にさいなまれる事なく、弁護士にきちんと交通事故相談をしてOKです。
簡単な接触事故でも、慰謝料は請求でき、受けた損害の回復と精神的苦痛の改善に見合う保障が得られます。