交通事故弁護士

交通事故の被害者は、精神的にも大きな損害を被ってしまいます。この精神面の損害に対して支払われる賠償金が慰謝料で、もしも死亡事故であった場合には死亡した被害者本人の苦痛とともに遺された遺族の苦痛に対しても賠償請求することができます。
精神的な苦痛に対する賠償金なので、個人差によって同じような事故でも支払われる金額が違うという偏りを防ぐために慰謝料には計算基準が設定されています。この計算基準はひとつではなく、自賠責・任意保険・弁護士と3つの基準があって一番安い自賠責基準と弁護士基準では金額にかなりの差が出ます。
交通事故弁護士に相談して示談を代行してもらうことで、弁護士基準で計算された正当な賠償金を請求することができます。