交通事故は時として後遺障害を招く

後遺障害とはあまりぱっと来ない言葉であるが、後遺症による障害のことです。

交通事故によって後遺症が残り、後遺障害の認定を受けること必要な場合もあります。そんな時、相談にのってくれるのが弁護士なのです。なかなかおもったような結果が出ない場合には交通事故に強い弁護士に相談することをお勧めします。

最近の自動車保険には弁護士特約があるのでそれを利用すれば簡単に弁護士に相談できます。