通院をした場合の交通事故慰謝料とその計算基準

交通事故に遭い、怪我を負ってしまい病院への通院があった場合には、治療費全額と通院に対する交通事故慰謝料を加害者に請求することが出来ます。この交通事故慰謝料を『傷害慰謝料』と言います。この慰謝料は加害者が自賠責保険のみ加入している場合には1日あたり4200円。任意保険に加入している場合には自賠責保険の基準を基にして保険会社が算出します。

しかし、基本的に自賠責保険は最低限度の補償であり、任意保険が算出してくる慰謝料の金額はこれに多少上乗せしたものに過ぎません。しかし、弁護士基準の算出方法を使用すれば、保険会社が算出してくるものより倍近い金額が算出されます。

ですから、交通事故の被害者になってしまった場合には、慰謝料等の計算については弁護士基準を採用するように保険会社と交渉すべきなのです。