自動車保険の特約で交通事故慰謝料弁護士に相談

交通事故の慰謝料は精神面の苦痛に対して支払われる賠償金です。
精神的な苦痛については個人差があるため、事故ごとの不公平感をなくす目的で算出基準が設けられています。基準は自賠責・任意保険・弁護士と3つあり、一番安く計算されるのが自賠責基準です。
いくら支払ってもらうかについては当事者間の示談交渉で決めますが、加害者側からは自動車保険会社の担当があたるのが一般的です。保険会社は賠償金額を少なくしたいために安い基準を使って計算した示談金を提示するので、そのまま応じては大損です。
そこで、交通事故慰謝料弁護士に相談してサポートしてもらえば正当な賠償金額で有利に交渉してもらえます。自動車保険の多くに、被害者が法律事務所に交通事故慰謝料の相談をする費用を補償する特約が付いています。