自動車保険の特約で交通事故慰謝料弁護士に相談

交通事故の慰謝料は精神面の苦痛に対して支払われる賠償金です。
精神的な苦痛については個人差があるため、事故ごとの不公平感をなくす目的で算出基準が設けられています。基準は自賠責・任意保険・弁護士と3つあり、一番安く計算されるのが自賠責基準です。

いくら支払ってもらうかについては当事者間の示談交渉で決めますが、加害者側からは自動車保険会社の担当があたるのが一般的です。保険会社は賠償金額を少なくしたいために安い基準を使って計算した示談金を提示するので、そのまま応じては大損です。

そこで、交通事故慰謝料弁護士に相談してサポートしてもらえば正当な賠償金額で有利に交渉してもらえます。自動車保険の多くに、被害者が法律事務所に交通事故慰謝料の相談をする費用を補償する特約が付いています。

交通事故慰謝料は事例を参照し算出する。

交通事故を起こした、または起こされた場合に発生する交通事故慰謝料。毎日多くの交通事故が発生しており、慰謝料に関する一定の判例をもとに慰謝料額は決まるため、相場が決まっているといっても過言ではありません。

嫌なことですが、他の方が起こした事故での慰謝料を事例にとり、慰謝料額が決まるため、事故の様相や加害者の責任義務がどこまであるのかなどの情報をもとに決定するため、相場通りで金額が決定します。その為、多く慰謝料をもらいたいということができないので注意が必要です。また、これらの請求には弁護士を介すことによりスムーズに話が進みます。

交通事故慰謝料の請求方法と事例、保険加入者か違うか

何時、何処で交通事故が発生するかは不明です。事例としては車を運転中、或いは歩行の最中に自転車に衝動される可能性もありますが、通常は相手から人身に害を加えられた場合には「交通事故慰謝料」を請求する事が可能です。

そこまでに至るには当然に条件は必要ですが、相手が意図的もしくは無意識の内で人身に危害を加えて来た事と、証明が要求されます。保険に加入している者同士ならば、事故証明さえ取れれば簡単に話は進行します。しかし、相手側や損害を受けた本人も保険未加入者である場合には、「示談」という形で交渉せねばならないですから、注意すべきです。

むちうちに対する交通事故慰謝料を増額するには

交通事故に会った時、あなたはまずどうしますか。多くの方が整形外科を受診するでしょう。きちんと診断してもらって異常があったら交通事故慰謝料を請求することになります。しかし、ここで大きな落とし穴があります。むちうちといっても症状はさまざまということです。

ですので、整形外科を受診したからといって症状を特定することが出来るわけではありません。例えば、神経内科や自律神経科、脊髄外来、脳神経外科といったところで客観的な証拠が見つかることもあります。みてもらうとわかるように、ほとんどの人が通院したことがないところばかりです。弁護士基準で請求する場合は、このような特殊な病院で診てもらう必要があります。

むちうちの場合でも交通事故慰謝料を弁護士に相談すべき理由

交通事故の代表的なケガには、追突や衝突、急ブレーキなどで首を痛めた、むちうち(頸椎捻挫・頸部挫傷など)があります。ほかのケガに比べて慰謝料の相場は低い傾向にありますが、それでも何ヶ月も通院が必要になることもあります。

慰謝料には、自賠責基準、任意保険規準、弁護士基準があり、自賠責基準は低く、弁護士基準はその倍以上です。弁護士に慰謝料の交渉をしてもらうことが出来ると、慰謝料はその基準となり被害者が自分で交渉するのに比べ、はるかに多額の交通事故慰謝料を得られる可能性があり、弁護士に相談するのがおすすめです。