後遺症の残る怪我の慰謝料と交通事故弁護士

交通事故に遭ってしまい、後遺症の残る怪我を負ってしまった場合は加害者や加害者が加入している保険会社に後遺障害慰謝料を含めた損害賠償金を請求することができます。
損害賠償金は示談交渉のときに示談金として加害者が加入している保険会社のスタッフに提示されますが、保険会社の利益を確保するため後遺障害慰謝料の金額を低く見積もっていることがほとんどです。
保険会社のスタッフが提示した示談金に納得いかない場合は交通事故弁護士を示談交渉の代理人に立てると、後遺症の症状に見合った後遺障害慰謝料が獲得できる可能性が高まります。