保険会社の仕事は交通事故慰謝料を低く抑えること

交通事故慰謝料で、任意保険会社となかなか合意が得られずに苦労している被害者は多いでしょう。それも道理であると言えます。任意保険会社の担当者の仕事は、本来支払うべき保険金を支払わずに済ませることです。

機械的に判例通りに支払っていくだけなら、担当者など要りません。担当者は、本来の支払額から減額した額の大小で評価が決まりますから、そうした相手に対して道理や心情を訴えても時間の無駄です。

慰謝料について、担当者と話す必要はありません。特約などで弁護士費用が出るなら、すぐ弁護士に依頼しましょう。妥当な額の慰謝料は、そうやってから初めて得られるものです。