交通事故相談で加害者との示談交渉を代行

交通事故で被った損害は、治療費・病院への交通費・医療器具の購入代・休業補償・慰謝料などの細かい項目ごとに計算をして加害者に損害賠償請求することができます。そして、その金額は交通事故の当事者間で行う話し合い、示談交渉で決定して解決されます。
この時、ほとんどの自動車任意保険には交通事故を起こしてしまった時の示談交渉代行サービスが付いているため、加害者側からは保険会社の担当者が交渉にあたります。被害者に知識がないと保険会社の提示する賠償金額の見極めが難しく、示談で損をしてしまうケースが多々あります。そこで、交通事故で被害者になってしまったら早めに交通事故相談をして弁護士の先生に示談交渉の代行をしてもらうのが一番の対処です。