はじめての交通事故相談

事故に遭わないにこしたことはないですが、車社会の現代で生活する限り、誰しもが交通事故に巻き込まれてしまう可能性があります。
事故は突然起こります。しかも、交通事故についての知識のない人がほとんどです。
時には加害者であったり被害者であったり、事故内容も色々なケースがあると思います。

自分で解決できない、不安などといった時には詳しい人に相談するのが一番です。
弁護士というとお金がかかるイメージがありますが、弁護士による無料相談が行われています。

弁護士に依頼すると慰謝料が増額するケースが多くあります。
また、事故後は体調及びメンタルで不調を訴える人もいる様ですが、弁護士がややこしい書類の手続きなど代行してくれたりとメリットは多いです。

むちうちは後遺症の可能性があるため交通事故相談を行うべき

交通事故に遭遇した場合、むちうちが発生する場合があります。後遺症として発症するケースが多く、事故後しばらくしてから症状が顕著になります。交通事故相談の上位理由には、軽い捻挫やむちうちを訴えるケースが少なくないのです。

そのため、即座に判断せず、救急車を呼ぶ処置を取ることが求められます。事故後数時間が経過すると、体に疲労感や痛みを感じることがあります。このようなケースでは打撲している可能性が高いため、内科もしくは外科で慎重に検査してもらうことが賢明です。体の負担を軽減すべく、数日は安静にしておく処置が求められます。

むちうちになれば交通事故相談

追突事故などの場合には、後部からの強い衝撃を受けるので、首がむちうちの症状になってしまい、治療が長引くことが多くあります。人身事故などになった場合に、保険会社に治療費の請求を行うのですが、保険会社も長期間にわたる治療費に関しては支払いをしない場合にもあります。

このような場合には、交通事故相談を弁護士などに行うと、専門的な法律知識で、最適な方法で保険請求などを行うことができるようになります。弁護士も交通事故を専門にしていない弁護士もいることから、弁護士であれば誰でも相談していいわけではないので注意が必要です。

むちうちで交通事故相談をするときはどこにすればいいのか

交通事故に会うと多くの場合むちうちの症状が出てくることが多いです。あまり時間が経過していない状態だと症状が現れないことがありますが、必ず病院に行くようにしましょう。そうしないと、後々症状が出てきた時に相手の保険会社からお金がもらえない可能性があります。

そして、むちうちの症状が確定したら弁護士に交通事故相談をするようにしましょう。実は、慰謝料には3つのタイプがあります。自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準です。自賠責基準が一番安くなるわけですが、弁護士基準で請求すれば自賠責基準の2倍以上の慰謝料を獲得できます。ですので、弁護士に交通事故相談をするのが基本になります。

むちうちによる交通事故相談

交通事故によるむちうちは、首の痛みや体のだるさなどが特徴的ですが、交通事故から相当の期間を経過してからこうした感覚が現れる場合があるほか、レントゲン検査では目立った所見が得られない点で、他の怪我と大きく異なります。

しかし、後遺障害としての認定を得ることができれば、大幅に慰謝料をアップさせることが可能なケースも多いと見られます。そのため、まずは法律問題を専門とする弁護士などの交通事故相談を受けるのが適切です。

診断書をはじめとした証拠書類を収集し、交通事故との因果関係が立証できれば、後遺障害の認定をスムーズに進めることができるため、専門知識にもとづくアドバイスはきわめて有効です。